運営者のプロフィール
管理人イメージ画像

幼少の頃、同居していた叔母の影響で「美」に目覚める。 アンチエイジングのためなら、化粧品・注射・レーザーなど、際限なくお金をかけています。今後も、収入は全て「美」に投資する予定。周囲からは....

» 続きを読む


症例別カテゴリー一覧
リンクユニット
ページ内検索
管理人のよく見るサイト

美容整形動画ナビ


動画で学ぶヨガ


美肌美人をめざすナチュラルスキンケア入門
mobile
qrcode
タググラウド
体重ベア 出産祝い|出張マッサージ 大阪 テニススクール 大阪 Infobright  商品先物取引
あわせて読みたいブログパーツ
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | カテゴリー:- | |

脂肪注入について〜パート1〜

自分自身の脂肪を使うため、他の注入剤に比べて、非常に安全なアンチエイジング方法です。
また、ごく自然に仕上がる上、医師曰く、「一度正着したら、効果が半永久的に持続する」のが特長です。

広範囲を違和感なく膨らませることが可能であるため、他の注入剤を入れると、ミミズ腫れのように盛り上がって不自然になる部位にも入れられますが、細かい部位、例えば、首の横ジワなどに注入すると、他の注入剤と同様に、なかなか馴染まないため、避けた方が良いと言われています。
また、目の下の涙袋を作るための注入にも向かないそうです。

デメリットとしては、正着率が平均約50%と、たいへん低いことが挙げられます。
部位によって正着率は30〜70%と言われていますが、私の経験や周囲の経験者からの意見をまとめると、30%どころか、半年後には10%未満(ほとんど施術前と変わらない状態)に感じられます(減り具合は顔に注入した場合も、胸に注入した場合も同様のようです)。
また、正着率を上げるために、注入した部位を安静にして、冷やさなければならず、その期間が2〜3ヶ月と長いことから、施術後の生活の不自由さが、さらなる大きなデメリットと思われます。

もちろん、注入部位に冷却シートのようなものを貼り続けていれば、特に生活に不自由はないかもしれませんが、かぶれる可能性もありますし、費用もかなり高くつきます。
また、顔の場合、外出中や仕事中にずっと貼り続けるというのも難しいと思います。
※生着率の悪さを考慮して、一時的にひどい顔になってもいい人や1回の施術で済ませたい人は、量を多目に注入してもらえます。私は、「どんなにひどい顔になってもいいので、1回で済むように思いっ切り入れて下さい。3ヶ月後、一周り顔が大きくなっていても構いません。」とお願いした上、3ヶ月間、電車に乗っていようと仕事中であろうと、毎日15時間くらい顔が凍傷になりそうなほど冷やし続けたにもかかわらず、3ヶ月後には30%未満しか残っていませんでした。
ちなみに、私はありとあらゆるところに注入したので、施術直後はアンパンマンのような顔(いわゆるムーンフェイス)になり、とても見られる顔ではなかったのですが、施術のことを内緒にして、1ヶ月後に会った友人達数名には施術したことに気付いてもらえませんでした。

また、自身の脂肪吸引から始まるので、脂肪吸引の痛みや辛さ(脂肪吸引についてをご参照ください)もあり、二重の辛さがある方法と言えましょう。費用的にもかなり高いので、それもデメリットですが、その安全性からか非常に人気があり、脂肪注入施術は常に予約で一杯です。※脂肪注入ができるクリニックが少ない上、技術の高いクリニックが限られているからかもしれませんが、人気のクリニックには、遠方から飛行機や新幹線で行かれる方も多いと聞いています。

ここで、マメ知識として、知人の医師に聞いた、脂肪注入の方法を簡単にご説明しましょう。
吸引した脂肪をはさみでブチブチ切って、アルコールで洗浄後、茶漉しみたいな物で濾して、その目を通った細かい脂肪の粒を注射器(細かいと言っても、粒なので太めの針の注射器)で、顔の窪んでいる部分や胸に注入するということです。
残念ながら、その作業の様子は施術中に見ることはできませんでした。
脂肪吸引後、濾す作業が終わるのを待ってから、注入するのかと思っていたら、吸引と同時進行で、その作業が行われ、吸引終了時には既に2〜30本のアンプルの中に、脂肪の粒がセットされているようで、吸引が終われば、即、注入開始できる状態でした。

最後に、正着率とは、注入した脂肪に毛細血管が通って生き残れる確率です。
正着率が低いというのは、注入した脂肪が、血管が繋がるまでに死んでしまう可能性が高いということです。
正着率を上げるために施術部位を冷やすのは、精肉を低温で冷やして保存した方が、持ちが良くなるのと同じで、脂肪がなるべく長く生きられるような環境を作るためです。
posted by: Kaori | カテゴリー:脂肪注入について | |13:05
スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | カテゴリー:- | |13:05