運営者のプロフィール
管理人イメージ画像

幼少の頃、同居していた叔母の影響で「美」に目覚める。 アンチエイジングのためなら、化粧品・注射・レーザーなど、際限なくお金をかけています。今後も、収入は全て「美」に投資する予定。周囲からは....

» 続きを読む


症例別カテゴリー一覧
リンクユニット
ページ内検索
管理人のよく見るサイト

美容整形動画ナビ


動画で学ぶヨガ


美肌美人をめざすナチュラルスキンケア入門
mobile
qrcode
タググラウド
体重ベア 出産祝い|出張マッサージ 大阪 テニススクール 大阪 Infobright  商品先物取引
あわせて読みたいブログパーツ
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | カテゴリー:- | |

アートメイキングについて

エステサロンでも施術しているところがありますし、専門のサロンもあるのですが、やはり皮膚に針を刺す医療行為なので、値段が高くても美容外科クリニックで施術されることをお勧めします。

但し、センスや施術数の問題もあるので、色や形などのデザインに関してだけ言えば、専門のサロンの方がレベルが高い場合もあるかもしれません。
その辺りは、事前に用意されている施術前後の写真などを見て判断しましょう。
さらに、ほとんどの場合、スタッフの人が施術を受けているはずなので、実物を見て、どこで施術するかを決めるべきだと思います。

サロンとクリニック、どちらを選ぶかは自由ですが、専門サロンやエステサロンで施術した方が、早く消えてしまうことが多いようです。
その原因は、技術の問題なのか、機材の違いなのか不明ですが、色素を入れる深さが浅いのではないかと思います。

エステサロンで施術後、一週間でとれてなくなったということも聞いたくらいです。
もちろん、すぐに無料でやり直してもらったそうですが、また一週間でとれたとの事。
通常、サロンで施術したアートメイクの場合、1〜2年でほとんど消えてしまうので、1〜2年毎に再施術しないといけないそうです。

気に入らなかった場合や眉毛の形の流行のことを考えると、落ちやすい方が良いのですが、気に入っている人は、度々の出費や度々痛い思いをするので、長期間持続するようにしたいと思われるようです。

※最近は、クリニックでも2年位で落ちるタイプのアートメイク(ファインメイク)を扱っているところが多いようです。
以前は、クリニックのアートメイクは10年位持つといわれていましたが、私のアートメイクは10年以上経過しても、しっかりと黒々と色素が残っており、放っておいたら、恐らく一生消えないでしょうと医師に言われています。
人によっては、一度施術を受けると、二度とやりたくないと思うくらい痛いそうで、牛乳瓶3本分泣いたと言い切る人もいますが、残念ながら、ほとんどの場合、アートメイキングは、3回施術します(少なくとも2回はします)。
なぜなら、一回では綺麗に色素が入り込まず、全体的に薄かったり、部分的に薄かったりするからです。
また、最初は短め、かつ細めに施術し、2回目以降、本人と相談して徐々に太くしたり、長くしたりしていくからです。
よって、サロンにせよ、クリニックにせよ、2〜4週間間隔で3回施術するのが一般的です(色素が入りにくい体質の人は、4回以上施術しないと色素が入らない場合もあるようです。
また、涙が出やすい人はアイラインの色素が入りにくいそうです。特に、痛がりの人は麻酔をしていても自然に涙が出てしまい、そういう方に限って、3回では色素が定着せず、4回以上の施術が必要になってしまい、悪循環だそうです)。

私は、痛みには強い方ですし、クリニックで施術を受けたので、塗る麻酔をして施術を受けましたが、アイラインはともかく、眉毛はかなり痛かったです。
ただ、大抵の人は、アイラインの方が痛いそうです。
また、クリニックによって違うかもしれませんが、施術中に、何度も先生にガーゼで施術部位を擦られるのが最も痛かったです(別のクリニックで別の施術を受けた際も、ガーゼでゴシゴシ擦られて、とても痛かった覚えがあります。麻酔が効いていて、押しても全く感覚がない位しびれていても、表皮だけは敏感に感じるので不思議です)。
ちなみに、サロンでは、麻酔なしで施術するらしいので、クリニックより痛いのではないかと思います。

施術した部分は、局所的に内出血することもあり、少し腫れた感じになります。
また、入れた直後は、できあがりの3倍くらい色が濃くなると言われていて、眉毛は、色紙を切って貼ったような感じ(福笑いみたい)で目立ち、みっともないです。なるべく前髪で隠すことをお勧めします。

しばらくは、施術部が突っ張るように感じますが、数日でカサブタのように剥がれてき
て、7〜10日間後には剥がれきって、色が落ち着き、つっぱり感もなくなります。
私が通っていたクリニックでは、塗り薬や飲み薬などは出されませんでしたが、別のクリニックでは、化膿止めとしてゲンタシンという軟膏を処方され、数日間塗っておくように言われたとのことです。

ちなみに、どんなに安くても、アジア諸国でのアートメイク施術は、しない方が無難です。
一時、施術をプランに組み込んだ激安ツアーなどもあったようですが、海外で施術後、1〜2ヶ月経って、アイラインの色素が流れてきて、パンダのような顔になった人達が大勢クリニックに相談に来られたと医師から聞いています。

最後に、とても重要な情報を一つ。病院で脳のMRI検査を受ける際に、「アートメイクをしている方は受けられません」との注意書きがあるそうですが、知人の看護師さん達も大勢施術されていますし、実際に、施術後にMRIを3回も受けた方がいますので、その点に関しては心配ありません。
posted by: Kaori | カテゴリー:アートメイキングについて | |00:10
スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | カテゴリー:- | |00:10