運営者のプロフィール
管理人イメージ画像

幼少の頃、同居していた叔母の影響で「美」に目覚める。 アンチエイジングのためなら、化粧品・注射・レーザーなど、際限なくお金をかけています。今後も、収入は全て「美」に投資する予定。周囲からは....

» 続きを読む


症例別カテゴリー一覧
リンクユニット
ページ内検索
管理人のよく見るサイト

美容整形動画ナビ


動画で学ぶヨガ


美肌美人をめざすナチュラルスキンケア入門
mobile
qrcode
タググラウド
体重ベア 出産祝い|出張マッサージ 大阪 テニススクール 大阪 Infobright  商品先物取引
あわせて読みたいブログパーツ
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | カテゴリー:- | |

アートメイク除去について

アイブロウやアイラインなどのアートメイクは、刺青(タトゥ)と同様に、レーザー(通常Qスイッチヤグレーザー)で綺麗に除去できます。
※但し、アイラインの除去ができるクリニックは少ないようです。
目の際で危険なため、専用のコンタクトレンズを装着してから、レーザー照射しなければなりません。
1回の照射で80〜90%くらい除去できるので、色を薄くしたいだけとか、経年変化で変色してしまっただけなら、1回照射するだけで、納得の行く結果が得られる可能性もあります。
しかし、通常、完全除去には2〜3回の照射が必要ですので、お金と時間がかかります。

ちなみに、私は、深くアートメイクの色素が入っていたようで、2回で除去できた部分もありましたが、完全除去には5回の照射が必要でした(エステサロンの施術だと、色素を浅めに入れていると思われるので、ほとんどの方が3回照射すれば完全に除去できると思います。私は美容外科クリニックで施術を受けたため、深めに色素が入っていました)。

アートメイク除去は、シミの除去同様、色素沈着がなかなかとれないので、3回目以降は半年近く期間を空ける必要があり、完全除去には2年ほどかかりました。

私がアートメイクを完全に除去した理由は、10年以上前に施術したため、形が流行からはずれ、周囲の人たちに指摘されるようになったので、やむを得ず…という感じでした。
もちろん、経年変化で変色し、こげ茶色を入れたはずが青黒くなっていましたが(最近の色素は経年変化で赤っぽくなるようです)、形は流行はずれでも気に入っていたので、最初は1回だけ照射して、薄く目立たなくするだけで良いと思っていました。
しかし、除去し出すと、部分的に残っているのが気になり、結局、完全除去するまで照射することにしました。

時間とお金がかかり、照射は痛い(私は眉毛の除去は麻酔しませんでしたが、麻酔すればそれほど痛くないはずなので、時間とお金に余裕のある方、痛みに弱い方は麻酔した方が良いと思います)ですが、出血したりカサブタになったりすることもなく、比較的楽に施術が受けられます。

術後は照射部位に化膿止めの薬を塗られ、4日間くらいは薬の塗布が必要とのことで、しばらく照射部位にメイクはできません(表皮に傷ができないので、私は一度も薬を塗りませんでしたが、特に問題はありませんでした)。
また、眉毛が白くなってしまったり、少し内出血したりしますが、内出血は1週間ほどで治りますし、白い眉毛もカットすれば気にならないと思います(その後は、ちゃんと黒い毛が生えてきます)。
※施術の際は、できるだけ眉毛を伸ばして行きましょう。医師が、眉毛を掻き分けて照射してくれますので、眉毛が白髪になる確率が格段に低くなります。ちなみに、こういう注意を事前にしてくれる医師はほとんどいません。

私は、アートメイク施術を受けた際に、入れて欲しくない部分にも色素を入れられ、医師にクレームをつけたところ、肌色色素を入れて形を修正されたため、「刺青の除去について」で触れたように変色が気がかりで、なかなか除去に踏み切れませんでした。

しかも、アートメイクの施術を受けたクリニックが術後すぐに倒産したため、使用した色素を入手できず、結局、アートメイクそのものの端の方に直接テスト照射しました。
見事にグレーに変色し、40回ほど照射をして、やっと除去できたものの、残りの肌色色素部分はグラインダーで削りました。
なかなか傷跡は消えなかったのですが、5年経過した位から気にならなくなり、10年も経てば、ほとんどわからなくなりました。
グラインダーで削る方が大掛かりな手術にはなりますが、1回で済み、保険も効くので、時間とお金のない場合はお勧めです。

但し、アイラインのアートメイクの場合は、危険なので削れませんし、眉毛が生えている部分は、毛が生えて来なくなるので、普通は削らないと思います。
但し、毛は生えていなくても、眉頭側(眉間付近)は、傷跡が残りやすい部分なので、医師は削りたがらないと思います。

尚、レーザー照射の場合も、レーザーの種類によっては、眉毛が生えて来なくなることもあるので、レーザー専門の医師に適切なレーザーを照射してもらいましょう。
実は、除去しようと決意した際、安いという理由で、皮膚科クリニック(人気があり、院内は超満員でなかなか予約もとれない)でレーザー施術を受けました。術後、毎回、黄汁が出てジュクジュクして気持ち悪かった上、1ヶ月に1回、合計3回も照射したのに、全く除去できませんでした(薄くもなりませんでした)。

しかも、不必要と思われる飲み薬2種類と、塗り薬まで出されました。最初に「眉毛が生えて来なくなるというデメリットがある」と言われたので、眉毛の生えていない眉尻の端の方しか施術を受けませんでしたが、時間とお金を無駄にしてしまいました(カウンセリング時に、看護師が、実際に眉毛のアートメイク除去をして、眉毛はなくなったけど、除去して良かったと経験談を話してくれましたが・・・)。

後日、専門医に聞いたところ、そのクリニックに置いている2種類のレーザーでは、アートメイクの除去は不可能とのこと。
クリニック(医師)選びには、くれぐれも気をつけましょう。
posted by: Kaori | カテゴリー:アートメイク除去 | |09:33
スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | カテゴリー:- | |09:33