運営者のプロフィール
管理人イメージ画像

幼少の頃、同居していた叔母の影響で「美」に目覚める。 アンチエイジングのためなら、化粧品・注射・レーザーなど、際限なくお金をかけています。今後も、収入は全て「美」に投資する予定。周囲からは....

» 続きを読む


症例別カテゴリー一覧
リンクユニット
ページ内検索
管理人のよく見るサイト

美容整形動画ナビ


動画で学ぶヨガ


美肌美人をめざすナチュラルスキンケア入門
mobile
qrcode
タググラウド
体重ベア 出産祝い|出張マッサージ 大阪 テニススクール 大阪 Infobright  商品先物取引
あわせて読みたいブログパーツ
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | カテゴリー:- | |

ヒアルロン酸注入について〜パート2〜

アンチエイジングには、法令線や目の下の窪み、こめかみの窪みなどに注入すると、有効です。
〜パート1〜同様に、内出血するとヒドイ顔になりますが、内出血さえしなければ、針痕とその周囲が少し腫れるだけなので、お手軽に施術を受けられます。
但し、法令線はかなりの量を少量ずつ分けて、何箇所も注入するので、内出血せずに済むことは、まずないと思われます。

逆に、目の下は内出血しにくいので、針痕だけで済むこともあるようですが、数箇所に分けて注入するので、やはり1〜2ヶ所は内出血してしまうようです。
残念ながら、目の下は内出血しにくい代わりに、一度、内出血してしまうと治りにくいので、要注意です。
こめかみは、内出血しても目立たない場所ですし、ヘアスタイルで隠せますから、気軽にできると思いますが、ヒアルロン酸の量がかなり必要なので、費用は嵩みます。もちろん、法令線もシワの深さによりますが、量が必要なので、費用は嵩みます。
費用は、窪み具合と、どれくらい膨らませたいかによりますが、法令線もこめかみも左右で10〜30万円は必要と思われます。

私の場合、法令線(特に小鼻の脇を中心に)、目の下(クマのできやすい、やや青味がかっているライン)、口元(法令線の延長線上の口角より1〜2cm下)に注入しました。
※一番気になっていた目尻は、笑った時だけに出来るシワのため注入できませんでした。澄ましている時にシワになっていない部位に、注入するとミミズ腫れのように盛り上がって不自然になってしまうようです。

私は、小鼻の脇の内出血がひどかったのですが、驚いたのは、小鼻の脇にしか注入していないのに、繋がっている毛細血管全てに影響が出たのか、小鼻の脇から唇まで、毛細血管が赤く浮き上がって、イナズマが数本走ったような状態になりました(右側だけ)。
その上、その血管に接している唇の上部に軽い腫れまで見受けられました。もちろん、左右の小鼻の脇にはかなりの針痕と腫れのほか、なぜか針で引っかいたような細い線状の傷痕が数箇所できました。
腫れは、4〜5日で随分治まり、線状の傷痕は3日で完全に消えていましたが、赤味や青味はなかなか治りませんでした(3日ほど経つと、赤や青から黄味を帯びた色に変わり、徐々に目立たなくなってきますが、2週間経ってもよく見るとやや青味や赤味があり、完治には3週間程度かかりました)。

目の下の内出血は1ケ所だけで、目立たずに済みましたが、2週間経ってもよく見ると、微妙に青味はありました。
また、最初は全体的に腫れているのでわかりにくいものの、徐々に本来なら窪んでいるはずのクマの部分が、ミミズ腫れのようにライン状に盛り上がっているのが目立ってきて、1ヶ月経ってもライン状に腫れていました(笑うと一層盛り上がってよくわかりますし、澄ましたままでも写真にも写るので、大事な日の前に施術される方は、かなり前もって施術された方が良いと思います)。

また、口元は、全く内出血はしませんでしたが、注入時には一番痛かったです(特に、下の方の顎に近い部分が痛かったのですが、医師曰く、上記3箇所の内、統計的に一番痛いのは、小鼻の脇とのことです)。
小鼻の横も目の下も内出血すると目立つ部位なので、施術は長めの休暇が取れる時に受けられことをお勧めします。

施術時には、3箇所とも、まず、注入箇所をペンで印をつけられ、それに沿って注入されます。目の下や口元への注入は少量で効果があり、左右数箇所ずつで、計3〜5分くらいで済みますが、法令線は、途中、医師に「イーッてしてみて!」、「もっとイーッてして!」と言われ、何度も表情を変えて、様子を見ては注入していくので、15分くらいかかりました。
やはり、左右にバランスよく入れるのは難しいようで、シワの深い方に多めに注入すると、最初シワが浅かった方が、逆にシワが深く見えるので、追加注入し・・・すると、今度は最初からシワが深かった方がやはり深く見えるので、追加注入し・・・と、イタチごっこになってしまいます(うまく注入するには、技術が必要なので、腕の良い医師に施術してもらうことをお勧めします。
腕の良い医師に心当たりがない場合は、自分で目立ちにくそうなところに少量注入してもらって、確認してみて下さい)。

通常、事前に麻酔をしますが、私は3箇所とも麻酔ナシで受けました。
目の下は、短時間ですし、統計的には痛みは少ない部位なので、麻酔ナシでOKの人も結構いるそうですが、私的には十分痛かったです。
また、どの部位も注入後にギューッと押さえられるので、その時もかなり痛いです。また、何度も何度も針を刺すので、その度に、消毒綿花でゴシゴシ擦られるのが、私はすごく苦手で、ヒリヒリしてとても痛いです。

術後は、軽く触ってもほとんど痛みませんが、押すと痛いです。
内出血は、直後よりも、1時間後位に、どんどん広がってヒドイ顔になるので、ショックを受けます。小鼻の脇に注入した場合、1週間くらいは、大あくびをしたり、大笑いをしたりする時、口が開けにくかったり、違和感があったり、痛みがあったりします(もちろん、1〜2週間は押しても痛いですし、少量でも1ヶ月以上、多いと2ヶ月以上、注入部位に固いしこりが残ります)。また、サングラスや眼鏡をかけると、重みで痛む場合もありますが、軽い物や小さい物なら、長時間の使用も可能と思われます。
posted by: Kaori | カテゴリー:ヒアルロン酸注入について【1,2,特記事項】 | |17:23
スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | カテゴリー:- | |17:23