運営者のプロフィール
管理人イメージ画像

幼少の頃、同居していた叔母の影響で「美」に目覚める。 アンチエイジングのためなら、化粧品・注射・レーザーなど、際限なくお金をかけています。今後も、収入は全て「美」に投資する予定。周囲からは....

» 続きを読む


症例別カテゴリー一覧
リンクユニット
ページ内検索
管理人のよく見るサイト

美容整形動画ナビ


動画で学ぶヨガ


美肌美人をめざすナチュラルスキンケア入門
mobile
qrcode
タググラウド
体重ベア 出産祝い|出張マッサージ 大阪 テニススクール 大阪 Infobright  商品先物取引
あわせて読みたいブログパーツ
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | カテゴリー:- | |

ヒアルロン酸注入について〜パート1〜

効果が永久に持続しないのが欠点ですが、逆に言うと、一定期間で元に戻るのが利点です。
特に、半永久的に効果の続く手術をする前に、試しにやってみるには最適です。
また、気軽に、てっとり早く、一時的な変化や結果を求めるなら、かなりお勧めです。
部位によっては、わずか0.1〜0.2ml注入するだけで、顔の印象が変わるので、その効果には目を見張るものがあります(少量の場合、周囲の人は気付かないかもしれませんが、自分自身では、即、変化を実感できます)。

私の場合、まずは、鼻を高くして、唇を厚くました(アンチエイジングのための注入は〜パート2〜に記載します)。
内出血することがあるものの、内出血さえしなければ、針痕(血が出るので、針痕は血の色「赤い点」になることも)が残るだけで、ダウンタイムはゼロに等しく、即メイクも可能でお手軽です。
但し、血管に針が当たって、内出血してしまうと完治に2週間以上かかる場合があります(内出血が軽い場合は7〜10日間でわからなくなります)。

クリニックでは、「ファンデーションで隠せます」と謳っていることが多いですが、最初の内はどう頑張っても隠せません。コンシーラーでも隠せないので、もし、大事な日(結婚式など)に向けて施術を受けるなら、日数は余裕をみておいた方が良いでしょう(1週間ほど経過すれば、大抵は、ファンデーションでカバー可能なくらい赤味は引いてきますが、内出血や腫れがヒドイ場合を考えて、念のため1ヶ月位前には受けた方が良いでしょう)。

特に、大事な日がない方も、できれば、休前日に施術される事をお勧めします。
もちろん、道行く人が振り返る程のヒドイ顔にはならないので、気にしない方は、ファンデでカバーしつつ、施術当日もお出かけは可能です。
但し、鼻を高くするために眉間に注入した場合に、眉間辺りが内出血すると、非常に人相が悪く見えます(絵に描いたような極悪人っぽい顔になります)。

施術は、通常、施術1時間前から塗る麻酔や貼る麻酔をしますが、時間と費用がかかるので、痛みに強い方は麻酔ナシでも何とか耐えられるはずです(お勧めはしませんが、私は鼻以外の唇や口元のシワなどは全て麻酔ナシで受けました)。

唇・・・・・麻酔をしていても痛いそうで、もちろん、麻酔をしなかった私は、痛くて涙が止まりませんでした。
内出血はしませんでしたが、1週間くらいは、注入部位を触ると鈍痛があり、針痕周辺は連続した虫さされのようにプクップクッと腫れていました。また、注入した部位(通常、主に唇の輪郭に注入する)は、1ヶ月以上しこりのように固くなって違和感がありました。但し、少量だけ注入した上唇の中央部(唇中央の谷底と口中の粘膜との中間くらいの位置)は針痕もなく、触ってもあまり痛みや違和感がありませんでした。

通常2〜3万円分(施術時間的には約3分)くらいで十分効果があると思われますが、各クリニックで規定が異なり、ヒアルロン酸を、使用量ではなく1本単位で購入しなければならない場合は、最低5〜15万円くらい(クリニックによって1本の価格が異なります)の費用が必要です。
もちろん、余ったアルロン酸は取り置きしておいてくれ、吸収されて減ってきたら、後日その余りを注入してもらえますし、他の部位への注入も可能です。

鼻・・・・・麻酔をすると施術中も術後麻酔が切れてからも、あまり痛みはありませんが、注入した後に形を整えるためにギューッと押さえつけられるので、それは少し痛いです(針で何度か突き刺した部位を思いきり押さえられるので、当然といえば当然ですが・・・)。

少量の注入で効果があり、費用は、平均的には7〜10万円(施術時間は約5分)くらいのようです(クリニックによって価格が異なるため、格安なところなら、5万円くらいの場合もあり。私は4万5千円でした)。
なお、鼻にたくさん注入すると、高い鼻というようり男性的な太い鼻になってしまうため、多量には注入できないそうです。
よって、医師曰く、ヒアルロン酸注入で、鼻の高い顔が気に入った方は、かなりの確率でシリコンを入れる施術を受けられるとのこと。
シリコンならば、自由な形(細くて高い鼻などに)にできる上、定期的なメンテナンスも不要です。また、万一、気に入らなければ、取り出して、すぐ元に戻せる点でも評価されているようです。逆に、ヒアルロン酸などを注入した場合は、気に入らなくても、すぐには元に戻せません。吸収されてなくなるまで、約半年〜1年ほど待つしかないのです。
※効果持続期間は、人によりけりで、私の場合は、1年半以上でしたし、知人も1年以上効果があったと言っています。

ちなみに、高い鼻は私には似合わなかったため、私が鼻に注入したのは2回だけです。
2回とも、ひどい内出血をした上、左右の鼻筋のカーブが微妙に違っていたので、クレームをつけましたが、仕方ないですと、追い帰されました。
左右対称にするというのはかなり難しい技術だと思われます(元々、人間の顔自体、左右対称ではないので、左右対称にできなくて当然かもしれませんが・・・)。
posted by: Kaori | カテゴリー:ヒアルロン酸注入について【1,2,特記事項】 | |17:20
スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | カテゴリー:- | |17:20