運営者のプロフィール
管理人イメージ画像

幼少の頃、同居していた叔母の影響で「美」に目覚める。 アンチエイジングのためなら、化粧品・注射・レーザーなど、際限なくお金をかけています。今後も、収入は全て「美」に投資する予定。周囲からは....

» 続きを読む


症例別カテゴリー一覧
リンクユニット
ページ内検索
管理人のよく見るサイト

美容整形動画ナビ


動画で学ぶヨガ


美肌美人をめざすナチュラルスキンケア入門
mobile
qrcode
タググラウド
体重ベア 出産祝い|出張マッサージ 大阪 テニススクール 大阪 Infobright  商品先物取引
あわせて読みたいブログパーツ
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | カテゴリー:- | |

Vビームレーザーについて

照射によってコラーゲンが増えるので弾力のある肌になる、小ジワやニキビ跡などに効果が高いなど、アンチエイジングレーザーとしても紹介されていますが、特に、赤ら顔・赤あざ・血管拡張の改善に効果があります。照射時・照射後に、痛みもかゆみもなく、腫れたり出血したりもしないのでダウンタイムも必要なく、もちろん、すぐにメイクもできるので、気軽に施術を受けられます。

施術時間も、正味、数分〜10数分くらい(範囲による)です。
ただし、照射の際には、フラッシュがきつく、目をつぶっていても目の前にカミナリが落ちたかのような感じを受け、かなりドキドキします。
心臓の悪い方は避けられた方が無難かもしれません。

効果のほどは、魔法のようで、赤味の元となっていた(たくさん走っていた)毛細血管が一瞬にして消失するため、施術後、鏡を見たらビックリします。
但し、魔法ではないので、一旦消えても、2、3日〜1週間すると、また元に戻ってしまうことが多く、数回の照射が必要です。
1クール5回くらいで設定されているクリニックが多いと思いますが、1回ごとの設定の場合もあります。
1回ごとの設定の場合も、残念ながら、あまり効果がない人もいるようですので、5回ほど施術を受けて、効果が感じられない場合は、体質に合わなかったと諦めた方が良いと思います。

※クリニックによっては、一回の照射で、ふっくらしたハリ・ツヤのあるお肌になると謳っていることもありますが、残念ながら、私はそのような効果は感じられませんでした。
ちなみに、私は、鼻の周囲の血管拡張がひどく、1ヶ月に1回のペースで7〜8回施術を受けましたが、毎回2〜6日くらいで元に戻ってしまいました(6回目の照射の際、アメリカから技術者の方に2名も来て頂き、出力などを調整しながら念入りに照射して頂いたので、期待したのですが、同様に5日ほどで元に戻ってしまいました)。
ついでに照射してもらった、頬の毛細血管拡張は2回の照射で完璧に治りましたが、肝心の鼻の周囲は少しだけマシになったかな…くらいの効果しかありませんでした。
すると、「もったいないので、もう止めた方がいいですよ」と医師に止められて、治療を断念しました(数年前の話です)。「その内、もっと効果の高いレーザーが開発されるかもしれないから…」とのことでしたが、今のところは、より効果の高いレーザーというのは開発されていないようです。

最後に、私に効果がなかったのは、アレルギー性鼻炎のため、一年中、花粉症のような症状で鼻をかむことが多く、どうしても鼻を触ってしまうせいだと思われます。
よって、鼻の周囲の血管拡張が気になる方で、アレルギー性鼻炎の方には、施術はお勧めできません。
もちろん、絶対に効果がないとは言い切れませんので、期待はせずに、試しに2、3回だけ施術を受けられるのは良いと思います。また、結婚式などの大切な日の直前に施術を受けられるのは、短い時間なら確実に毛細血管を消せるので、有効な利用方法と言えると思います。 
  
※毛細血管は刺激するとすぐに増えて、安静にして血流をよくしていると減ってくるようです。
スクラブ入り洗顔をしている方、顔をブラシやタオルなどで擦る方は、表皮に細かい傷をつけているので、表皮を修復しようと毛細血管が増え、赤ら顔になる可能性があります。
赤ら顔を気にされていたら、擦るのは今すぐ止めましょう。
なお、毛細血管は徐々に目立たなくなって来たり、突然消えてしまったりすることがあります(私は、子供の頃からずっと気にしていた眉間の毛細血管拡張が、成人して3年後位から、急に範囲が狭くなり、ある日消えていました。
同様に、いとこも同じような症状で悩んでいましたが、成人してからグッと目立たなくなりました)。
もし、施術を受けても効果がなかった場合は、あまり気にして触るより、気にせず安静にしておいた方が賢明です。自然治癒力で治る可能性もありますので、何をやってもダメな時には、その部分を触らないことにだけ気を払いましょう。ちなみに、気にしている人ほど、触らないようにしていると言いつつ、よく触っているようです。
posted by: Kaori | カテゴリー:Vビームレーザーについて | |08:14
スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | カテゴリー:- | |08:14