運営者のプロフィール
管理人イメージ画像

幼少の頃、同居していた叔母の影響で「美」に目覚める。 アンチエイジングのためなら、化粧品・注射・レーザーなど、際限なくお金をかけています。今後も、収入は全て「美」に投資する予定。周囲からは....

» 続きを読む


症例別カテゴリー一覧
リンクユニット
ページ内検索
管理人のよく見るサイト

美容整形動画ナビ


動画で学ぶヨガ


美肌美人をめざすナチュラルスキンケア入門
mobile
qrcode
タググラウド
体重ベア 出産祝い|出張マッサージ 大阪 テニススクール 大阪 Infobright  商品先物取引
あわせて読みたいブログパーツ
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | カテゴリー:- | |
ホクロの除去について〜パート1〜

世の中には、あまりに多くの女性がホクロで悩んでいて驚きますが、割合に簡単に綺麗に除去できますので、悩む時間があれば、クリニックに相談に行きましょう。

まず、方法は大きく分けると、切除する方法とレーザーで焼く方法がありますが、盛り上がっていない小さなホクロならば、施術時間が短く、ダウンタイムも短いレーザーで焼く方法が断然お勧めです。

※レーザーが完備されていないクリニックだと、切除する方法になってしまうので、各種レーザーが完備されているクリニックを選びましょう。レーザーにも種類があり、適切な機種・強さで照射してもらえるよう、レーザー治療の専門医がいるクリニックを選ぶのがベストです。

ホクロの除去には、炭酸ガスレーザーを用いる場合と、Qスイッチヤグレーザーを用いる場合があります。
高さがあったり(盛り上がっていたり)、大きかったりすると、炭酸ガスレーザーでないと除去できないようですが、カサブタを剥がした跡のように、その部分だけ白く色素が抜けたみたいな跡が残るので、私はあまり好きではありません。
特に、手足のホクロを炭酸ガスレーザーで除去すると傷跡が目立つのでお勧めできません。
顔や首の場合は、なぜか跡が残りにくいので、目立ちにくいところで試してみて、傷跡が残らないようであれば、照射しても良いかもしれません(顔の場合は、ファンデーションで隠せる程度の跡ですし、もともとホクロがあったことを思えば、白くなっているのは気にならないと、経験者は言います)。

但し、高さがあったり、大きさが大きかったりするホクロの場合は、強く照射するためか、白くなるだけでなく、その部分が凹んでしまうこともあるので、その場合は、切除で縫い縮めた方が傷跡が目立たないようです(筋肉の流れに沿って縫えば、傷跡はシワで隠れて目立たないです)。

私は、なるべく切除はしたくなかったので、先生が無理だと言うのにもかかわらず、背中の大きな盛り上がったホクロに、炭酸ガスレーザーを何発か照射してもらいました。
でも、残念ながら、きれいに除去できず、凸凹になったので、切除して縫い縮めることを勧められています。

ホクロの除去は、一般的な皮膚科であれば、特に悪性のホクロでなくても、保険適応で除去してもらえます。
それは、切除手術であっても、レーザー治療であっても同様です。
但し、一般的な皮膚科では、せいぜい炭酸ガスレーザーしか置いていないので、絶対に、傷跡を残したくない人(高さのない小さなホクロの場合)は、美容外科クリニックや美容皮膚科に行って、Qスイッチヤグレーザーで除去してもらった方が良いでしょう。

絶対に傷跡は残りません。その代わりに、何度も照射しないと除去できないので、費用と時間がかかります。
また、照射直後、虫差されのように赤くプックリ腫れますし、大きめのホクロだと、1週間程テープを貼っておかないといけないので、人前に出る仕事の人は、度々の治療は難しいかもしれません。

時間やお金を優先するか、見た目を優先するかは、個人の価値観だと思うので、よく考えて決めましょう。
posted by: Kaori | カテゴリー:ホクロの除去について | |11:35
ホクロの除去について〜パート2〜

Qスイッチヤグレーザーは、通常1〜1.5ヶ月以上間隔を空けて、照射します。
直後の虫指されのような腫れと赤味は2〜3時間でほとんど引きますが、照射部位は火傷状態なので、シミ・ソバカスが濃くなった感じになります。通常、照射後にステロイド剤を塗られるので、テープを貼る必要がなかったとしても、薬が光っていて目立ちます。特に、目立つ場所のホクロなら、出歩くのに抵抗を感じる人も多いと思います。

また、テープを貼る必要がない場合、うっかり触ってしまったりするとちょっと痛いですし、服の脱ぎ着で擦れるとかなり痛いです(照射した部位が、手だったりすると、何かする度に擦れてしまい、かなり痛いです。また、度々擦れてしまうと、化膿してしまう事があるので、注意しましょう)。

余程大きなホクロでない限りは、当日からその部位を濡らさないようにすれば、洗顔・入浴可能ですが、顔の場合は、洗顔時、ぬるま湯でもかなり痛いです(火傷なので、当然でしょうけれど、水でないと痛いです)。

腫れは一日もするとほぼ元に戻りますが、2〜3日経っても顔を洗う時のぬるま湯がかかってしまうと痛いし、服の脱ぎ着も痛いです。顔でない場合も同様に、照射部位にはぬるま湯がかかっても、かなり痛いと思います。

炭酸ガスレーザーの照射時は、必ず麻酔が必要ですが、Qスイッチヤグレーザーは、小さなホクロであれば、麻酔なしで照射可能です。
麻酔が塗るタイプやシールタイプなら良いのですが、顔に麻酔注射をすると、注射の跡(内出血)が、1ヶ月近く残ることがあるので、私は少々範囲が広くても麻酔なしで照射して欲しいとお願いします(照射中に動かれると危険なので、麻酔をさせて欲しいという医師もいますが、それを断固拒否します)。

それは、特別なことではなく、痛みに強い方なら、誰でも麻酔なしでも耐えられる範囲だと思います。
クリニックによっては、氷で冷やしながら、照射してくれるところもありますが、私は痛みに強い方なので、小さなホクロなら、冷やしたりもせずに照射してもらいます。広範囲に照射すると、出血はしますが、傷が浅いので大した出血はしません。

よって、照射後は、冷やしたり、しばらく休んでいたりする必要もなく、ステロイド剤を塗ってもらって、必要ならば、テープを貼ってもらって、即帰ることができます。
ちなみに、目の近くのホクロに照射すると、目の前が真っ白になって、ものすごい衝撃が走り、一瞬ベッドから顔も体も宙に浮く感じの感覚を受けるので、ちょっと怖いかもしれません。
初めは、間近に原子爆弾が投下されたのではないかと追ったほどでした。
私は全部で100回以上レーザー照射しているので、もう怖いとは思いませんが、どうしても、この目の周りの照射だけは、覚悟していても驚いてしまいます。
痛みにも回を重ねるごとに慣れてきて、どんどん楽になりますが、きっと、何百回照射してもらっても、目の周りの衝撃に慣れることはないだろうと思います。
posted by: Kaori | カテゴリー:ホクロの除去について | |11:42
ホクロの除去について〜パート3〜

ホクロの除去後は、通常、カサブタになるか、ホクロがより濃い色になります。
そして、カサブタが剥がれた時には、一瞬、ホクロがとれてなくなったように思いますが、Qスイッチヤグレーザーを照射した場合は、大抵、また後日、下から黒い色が浮き上がってきます(小さなホクロの場合、1回でとれてなくなってしまうこともあります)。

それを何度か繰り返したら、段々小さなホクロになり、初めてホクロがとれてなくなるという感じです。

※但し、Qスイッチヤグレーザーの施術の場合は、5年後、10年後に、またホクロが浮き上がってくる場合もあります。確実に除去できるのは、炭酸ガスレーザーの方です。まず、浮き上がってきたりすることはなく、小さなホクロなら、大抵、一回で除去できます。
  
術後は、リンデロンなどのステロイド外用薬を3日間(朝晩2回ずつ)ほど、その後3〜4日間は、ゲンタシン軟膏などの殺菌作用のある塗り薬を塗らなくてはなりません。
よって、施術代以外に、薬代が別途必要になります(某皮膚科のみ、施術後、塗り薬も塗ってもらえず、処方もしてもらえず、そのまま帰らされたので、極まれにそういうクリニックもあるかもしれません)。

大きなホクロの場合は、薬を塗った上に、絆創膏を貼って、朝晩取り替えます。当分水に濡れないように、洗顔や入浴時には、さらに上から防水テープを貼って下さいというクリニックもあります。
その場合は、絆創膏代や、防水テープ代が結構高くかかりました(市販のものでも良いのですが、私は肌が弱いため、同じ部分に張り続けてもかぶれない、肌に優しい絆創膏をクリニックで購入していました。もちろん、肌に優しい絆創膏などを扱っていないクリニックもありますので、確認の上、ご購入ください)。

さらに、クリニックによっては、化膿止めの飲み薬や、早く色素沈着をとるためにビタミンCの飲み薬を処方されることもあり、その薬代も必要になります。
これは、クリニックの方針によるらしく、不要ですと言っても出されてしまいます。
また、クリニックによっては、オリジナルの塗り薬を出していて、それも購入するしかない場合があります。
でも、大抵は、市販の薬を出そうとされるので、リンデロンとゲンタシンを持っていれば、その旨を伝えると、買わなくて済みます。

ちなみに、飲み薬の効果があったか否かは全く不明ですが、照射後、しばらくは色素沈着するので、それを早く元に戻すため、照射後、エステ部門で、ビタミンCのイオン導入を勧めるクリニックが多いです。
私も、照射一週間後から、次の照射までの間、週に1回ビタミンCのイオン導入に通っていました。

これは、やや効果があるように思います。
また、クリニックオリジナルの塗り薬も、市販の塗り薬との違いは感じられませんでした。もし、オリジナルの塗り薬を出されたら、市販品との違いを詳しく確認しましょう。

大抵、塗り薬は余るので、市販品と違って、よくわからない薬をもらうと、後々使い道がなくて捨てるだけになり、もったいないです。
posted by: Kaori | カテゴリー:ホクロの除去について | |11:46