運営者のプロフィール
管理人イメージ画像

幼少の頃、同居していた叔母の影響で「美」に目覚める。 アンチエイジングのためなら、化粧品・注射・レーザーなど、際限なくお金をかけています。今後も、収入は全て「美」に投資する予定。周囲からは....

» 続きを読む


症例別カテゴリー一覧
リンクユニット
ページ内検索
管理人のよく見るサイト

美容整形動画ナビ


動画で学ぶヨガ


美肌美人をめざすナチュラルスキンケア入門
mobile
qrcode
タググラウド
体重ベア 出産祝い|出張マッサージ 大阪 テニススクール 大阪 Infobright  商品先物取引
あわせて読みたいブログパーツ
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | カテゴリー:- | |
シミ・ソバカス除去について

通常、1ヶ月〜6ヶ月間隔でQスイッチヤグレーザーを数回照射すれば除去できます。
1回照射した後、皮膚の回復に最低1ヶ月はかかるので、間隔を空けるしかないのですが、私は子供の頃から濃いソバカスがたくさんあったので、治療期間が3年を越え、とても長い治療となりました。

最初の2回くらいは短めの間隔(1〜2ヶ月)で照射しても良いと思いますが、できれば間隔は6ヶ月くらい空けた方が賢明です。
理由は、色素沈着がなかなかとれないので、除去できているか否かの判断が難しいからです(照射すると、一時的に(6ヶ月くらいの間)、色素沈着でシミ・ソバカスが一層濃くなります。
すると、元々のシミ・ソバカスで茶色いのか、色素沈着が残っていて茶色いのかが、判断しにくくなります。1回で除去できている場合もあるので、1〜2ヶ月間隔で照射すると無駄な可能性もあります)。

クリニックによると思いますが、照射1週間後に受診が必要な場合もあり、通院がかなり面倒ですが(3回目から、異常がなければ1週間後の診察は受けなくてよくなりました)、気長に続けるしかありません。

レーザー後は、照射範囲の広いところだけ薬を塗って絆創膏を貼りますが、1〜2ショットの小さい範囲の場合は塗り薬を塗るだけで終了です。
通常7日間は塗り薬の塗布が必要なので、その部分はメイクしにくいと思います。
広範囲(直径5mm以上)に照射した場合は、直後に出血したり、黄汁が出たりします。

その後、カサブタになって、数日でポロポロと剥がれてきますが、小さくて薄いシミなどでも、直後は虫さされのようにブツブツと盛り上がったようになり、色も一層濃くなり、かなり目立ちます。
1〜2日経つと腫れは治まり、厚みのない薄いカサブタになります。その後、シミなどの大きさにもよりますが、直径1〜2mm位の小さい物では、3〜5日で、カサブタが剥がれ始めると思います。
※20代の頃は3日でかなり剥がれましたが、30代になると新陳代謝が悪いのか3日で剥がれるのは少しだけで、4日目から剥がれ始めたと言ってもいい位でした。
よって、年齢や体調によって、回復する日数はマチマチだと思います。ちなみに、夜更かしの人は回復が遅いようですので、お気をつけ下さい(治ってくると痒くなり、無意識に引っかいて、剥がしてしまう事もありますが、大体は、洗顔時や洗顔後のケア中に摩擦で剥がれます)。

医師曰く、レーザー照射後の色素沈着には、ハイドロキノンのように美白効果が高いクリームなどでお手入れすると、早くとれるようです。
特に、クリニックに併設のエステティックサロンで、ビタミンCのイオン導入を定期的に受けると、色素沈着がかなり早くとれ、次回の施術までの期間を短くすることが可能です。なお、カサブタが剥がれた後は、敏感な状態ですので日焼けは厳禁です。

同じQスイッチヤグレーザーを照射しているにもかかわらず、なぜかホクロよりもシミ・ソバカスの方がダメージが大きく、色素沈着もなかなかとれませんが、塗り薬の塗布期間が終われば、メイクで隠せる程度です。また、どんなにカサブタができても、傷痕が残ることはないので、その点は安心です。  

但し、シミ・ソバカスの種類によっては、照射すると返って濃くなるだけの事もあるようなので、医師に濃くなる可能性がないか、よく確認しましょう。
逆に、極薄いシミ・ソバカスはレーザーが反応しないので、照射しても無意味な場合があります。
また、一見、シミのように見える着色したイボの場合は、Qスイッチヤグレーザーでは除去できないので、除去できるか否か、専門医によく診てもらってから、照射してもらいましょう。

ホクロの除去と同様、眼の周囲に照射すると、原爆が落ちたみたいな衝撃がありますが、痛みに強い方は、狭い範囲なら麻酔なしで耐えられると思います。
範囲が広い場合、麻酔はした方が良いと思いますが、注射ではなく塗る麻酔や貼る麻酔にしてもらいましょう。
注射で麻酔をすると、その部分が、照射後のダメージよりもヒドイ内出血を起こす可能性が高いです。
posted by: Kaori | カテゴリー:シミ・ソバカス除去について | |09:15